ワンルームマンション投資する方法を伝授!

ローンを上手に活用しよう

ウーマン

不動産投資は運用利回りが5%から8%が相場と言われています。これだけを見るとFXや株式投資の方がもっと大きな利益を生むことができると考える人も少なからずいます。しかし、不動産投資の場合、ローンを利用することで収益力は一気に跳ね上がります。例えば、年間80万円の家賃収入を得ることができる中古ワンルームマンションを諸経費込みで1000万円で購入したケースを考えてみましょう。この際、現金一括で購入したとすれば、自己資金1000万円に対する運用利回りは8%になります。しかし、100万円を頭金とし、900万円をローンで賄ったすると、自己資金に対する運用利回りは80%にもなります。ローンを組んだ場合には抵当権を付けられることが一般的ですので、中古ワンルームマンションの900万円分は金融機関のものとなります。しかし、家賃収入でローン返済を賄うことができれば、100万円を超える出費をすることなく、いずれ無担保の中古ワンルームマンションが手に入ることになります。100万円の支出で1000万円を手に入れているのです。効率よく資産を殖やしたいのであれば、あとは同じことを繰り返すだけです。つまり、ローンを組んで投資物件を買うということを地道に行っていけばよいのです。不動産投資の場合、選ぶ物件さえ間違わなければ安定した家賃収入を確保できます。この不動産投資の強みである安定収入とローンのレバレッジ効果の組み合わせをフル活用することにより、高い運用利回りを実現できるのです。

Copyright © 2017 ワンルームマンション投資する方法を伝授! All Rights Reserved.